>  > 


【企業】大和ハウス、技術情報の管理を強化 賃貸住宅向けの部材不備受け


2017/04/21 19:45

 大和ハウス工業は21日、賃貸住宅に使う部材の生産に関し不備があった問題を受け、再発防止策を発表した。設計や施工に関する技術情報を管理・伝達する部署の体制強化が柱だ。

 防火や遮音などに関する設計を新しくする場合、これまでは担当部門のチェックだけだったが、今年1月に立ち上げた社長直轄の「仕様監理部」でも最終確認するように改めた。同部は15人体制で業務に当たる。

 大和ハウスは昨年10月、全国160棟の物件で不備が見つかったと発表。順次改修を進めており、今月20日までに24棟の工事を実施した。


2017.4.21 19:03
www.sankei.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by Toyojun.com