> 


水害避難用、木製の舟いずこ 京都、このままでは消滅も


2017/03/20 21:23

水害避難用、木製の舟いずこ
京都、このままでは消滅も

(写真)
村田治夫さん宅に残る避難用木製ボート。倉庫のはりにつるして保管している(京都市南区)

 水害時に明治から昭和の中ごろまで使われていた避難用木製ボートの保存・活用を求める声が、京都市内の農家などから出ている。河川沿いの集落で広く普及していたが、
徐々に姿を消して今ではほとんど見掛けなくなった。当時の船大工の技術もちりばめられ、伝統技術を知る資料がこのままでは消えかねない。
 避難用ボートは長さが10メートル前後の木製で、当時の有力農家などが所有。自宅倉庫の軒下などに置き、水害時の住民避難や家財の運搬に使っていたという。
 京都市南区の上鳥羽奈須野で農業を営む村田治夫さん(77)宅にも、明治初期につくられたとみられる1隻が残っている。
 上鳥羽は鴨川、桂川、西高瀬川の3河川に囲まれ、昭和中ごろまで大雨や台風の度に浸水被害に悩まされていた。妻の冨久子さん(74)は「1959(昭和34)年の伊勢湾台風でボートに乗り母や姉と避難した。
消防や警察も手が回らず、住民の避難のため朝から晩までボートは出っぱなしだった」と振り返る。
 村田さんによると、地域では近隣農家と上鳥羽小にそれぞれ1隻残るだけで、時々地域の子どもに見せて、
水害の怖さを教えることはあるが、「このままではやがて消えてしまう」といい、保管・活用で何かいい方法がないか悩んでいる。
 また、木津川、宇治川周辺の京都府南部地域でも利用されていたが、戦後の治水整備で廃棄が進み、山城郷土資料館(木津川市)によると、2、3隻しか残っていないという。
同館の横出洋二資料課長は「江戸時代から大正にかけて隆盛した伏見の船大工が制作したものが多い。
95年に最後の船大工が亡くなって技術が途絶えた今、当時の技術を語る資料としても貴重」と話し、保存を呼び掛けている。
2017年03月20日 21時00分配信
s.kyoto-np.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by Toyojun.com