>  > 


【相撲】群馬県出身の40歳力士 聡ノ富士 「弓取り式」任され4年 弓を振って四股を踏む


2017/04/19 06:49

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170418004658_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170418004681_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170418004673_comm.jpg

県出身の力士聡ノ富士が、大相撲の締めの儀式「弓取り式」を任されてから4年になる。高崎市で巡業があった15日、40歳になった。この日も最後の取組が終わると、いつも通り土俵に上がり、弓を高速で振って四股を踏むと、観客から「おー」と歓声が上がった。

聡ノ富士は吉岡町生まれ。小学4年生から高校まで柔道を続け、高校の同級生の父親の紹介で、伊勢ケ浜親方に勧誘されて入門した。身長173センチ、体重110キロと力士としては小柄だが、相手の力を利用して攻めるカウンター型の相撲で最高で幕下まで昇進した。

日本相撲協会によると、弓取り式は、結びの一番の勝者に代わり、長い竹の弓を大きく振ったり、四股を踏んだりする儀式で、横綱のいる部屋から1人を選ぶのが通例だ。2012年の日馬富士=伊勢ケ浜部屋=の横綱昇進を機に、同部屋の聡ノ富士が親方から弓取り力士に指名された。

www.asahi.com

お探しのニュースはこちらにあるかもしれません。

萌えニュース+ potato.2ch.net
アイドル+ daily.2ch.net
PINKニュース+ phoebe.bbspink.com
イベントnews+ potato.2ch.net
SNS+ karma.2ch.net

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by Toyojun.com