>  > 


【正当防衛】犬の散歩中に進路を塞いだ相手の自転車を蹴る → 殴られる → 殴り返して転倒させ大怪我負わせるも無罪に・さいたま地裁


2017/01/12 06:39

ペットトラブルで傷害罪 無罪

www.nhk.or.jp
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

埼玉県川口市で犬の散歩をめぐり、近所の人とトラブルになり大けがを負わせたとして
傷害の罪に問われた男性に、さいたま地方裁判所は
「相手が執ように殴るのをやめないため、男性は暴行を加えた」
などとして正当防衛を認め無罪を言い渡しました。

さいたま市に住む40代の男性は去年6月、川口市の路上で近くに住む60代の男性を殴って
転倒させ大けがを負わせたとして傷害の罪に問われました。
裁判では男性が無罪を主張したのに対し、検察側は懲役3年を求刑していました。

11日の判決でさいたま地方裁判所の渡邉史朗裁判官は、2人は飼い犬の散歩をめぐって
過去にトラブルになっていて、この日も40代の男性が犬の散歩をしていた際に
進路をふさいだ相手の自転車を蹴ったことから、相手が暴行を加えてきたと指摘しました。

そのうえで、男性が殴った行為について
「相手が執ように殴るのをやめないため、暴行を加えた」
などとして正当防衛を認め、無罪を言い渡しました。

これについてさいたま地方検察庁の葛西敬一次席検事は
「判決内容を精査し適切に対処したい」とコメントしています。

01月11日 22時17分

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by Toyojun.com