>  > 


【社会】「裁判官は療養所訪問の機会を増やし、人権感覚を鋭くすることが重要だ」 ハンセン病「特別法廷」、裁判官100人に人権研修


2017/02/18 02:42

 ハンセン病患者の裁判が隔離施設の「特別法廷」で開かれていた問題で、
最高裁が設置した有識者委員会の座長を務めた井上英夫金沢大名誉教授が17日、
埼玉県和光市の司法研修所で任官10年目の裁判官約100人に講演した。

 最高裁は昨年4月、特別法廷の運用を「偏見や差別を助長し、違法だった」と謝罪。
有識者委から人権研修の必要性を指摘され、初めて裁判官の研修プログラムに内容を組み込んだ。

 講演は非公開。差別の実態を説明したという井上名誉教授は「少数者の人権保障は裁判所の使命。
裁判官は療養所訪問の機会を増やし、人権感覚を鋭くすることが重要だ」と話した。【島田信幸】

mainichi.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by Toyojun.com