>  > 


【アメリカ金融政策】米利上げ路線「支持する」 次期FRB副議長が議会証言


2018/05/16 07:29

日本経済新聞 2018/5/16 7:17
www.nikkei.com

 【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)の副議長に指名されたコロンビア大教授の
リチャード・クラリダ氏は15日、米上院銀行委員会での指名公聴会で、現体制の利上げ路線を
支持すると表明した。トランプ政権が利上げ路線に干渉するとの懸念には「あり得ない」と否定し、
金融政策の独立性が「不可欠だ」と強調した。

 理事に指名されたカンザス州銀行監督当局のミシェル・ボウマン氏も、同じ公聴会で証言した。
FRBは正副議長を含めて理事ポストが7つあるが、4つが空席という異常事態が続いている。
クラリダ氏、ボウマン氏の就任が上院で承認されれば、パウエル議長らトランプ大統領が指名した理事が
執行部の大半を占めることになる。

 公聴会では議員から利上げ路線を支持するかとと問われ、クラリダ氏は「その通りだ」と断言した。
2008年の金融危機はFRBの低金利政策の解除が遅れたためだと指摘され、クラリダ氏も
「金融政策がその一因となった」と認めた。危機後の量的緩和政策については「回を重ねるほど恩恵は薄れ、
コストがかさんでいく」とやや否定的な見方を示した。

 質疑応答では米政権とのFRBの距離感が焦点となり、クラリダ氏は「トランプ氏らとの会談を通じて
FRBの独立性に疑問を持つことはなかった」と強調した。利上げが続けば市中金利の上昇で景気を
下押しするリスクがある。不動産業で名を成したトランプ氏は自らを「低金利人間」と称しており、
米議会には政権がFRBの金融政策に干渉するとの懸念があった。

 クラリダ氏は金融政策を専門とするエコノミストで、法律専門家だったパウエル議長の補佐役として
期待される。ボウマン氏は地方銀行出身で、公聴会では中小金融機関の金融規制緩和に意欲をみせた。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe