>  > 


【スマホ】iPhone8/8 Plus/Xの画面を非正規店で交換すると明るさ調整が不可能に


2018/04/12 12:11

先日、非正規店で画面交換したiPhone8をiOS11.3にアップデートすると、タッチ操作を受け付けなくなる問題が報告されましたが、iPhone8/8 Plus/Xの画面交換で新たな問題が浮上しています。

画面交換で環境光センサーが動作不能に
米メディアEngadgetによると、iPhone8/8 Plus/Xの画面を非正規店で交換すると、明るさが自動的に調整できなくなるという問題が発生しています。交換する画面が正規の部品であっても、同様の問題が起きるようです。

この問題はアメリカだけでなくオーストラリアなどでも報告されています。また画面交換によるタッチ操作問題が起きているiOS11.3のみならず、iOS11.1、iOS11.2でも確認されています。ただしすべてのiPhoneではなく、iPhone8/8 Plus/Xに限定されているようです。

Engadgetは、画面を交換するとiOSがブートプロセスの段階で環境光センサーを動作不能にしてしまうため、明るさが自動調整できなくなることがわかったと伝えています。

バグではなく「機能」の可能性も
しかしこれはバグではなく、Appleがあえて設定した「機能」ではないかという声が上がっています。Appleが最初にiPhoneのハードウェアとソフトウェアを統合したのは、iPhone 5sでTouch IDを導入した時でした。

この統合により、非正規ショップでTouch IDセンサーを交換すると「エラー53」が出て動作しなくなる問題が発生し、Appleは後にiOSのアップデートで対応しています。つまりエラー53問題もiOSに起因していました。

Engadgetによれば、一部の非正規修理店は、画面交換により明るさの自動調整ができなくなるのはバグではなく、Appleが修理全般を管理しようとしているからではないか、と考えています。

というのも、前述したように、非正規店がiPhoneの正規の画面を使って交換を行なっても、環境光センサーの不具合が起こっているからです。まったく同じiPhoneで、同一の画面への交換を正規店で行うと、不具合は発生しないとEngadgetは報告しています。
2018年4月12日 10時51分
iphone-mania.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe