>  > 


【スマホ】「iPhone XI」用のOLEDパネル、Samsungが5月に生産開始か


2018/04/17 10:18

2018年秋に発売されるiPhone用の有機EL(OLED)パネルの生産を、Samsungが5月から開始する、と台湾メディア経済日報が報じています。

5月に生産開始、6月には生産数量を倍増
経済日報によると、Samsungは5月から次期iPhone用のOLEDパネルの生産を月産200万〜300万台のペースで開始し、6月には生産数を400万〜600万台へと2倍に引き上げて量産体制に入ります。

韓国メディアETNewsも先日、在庫調整のためSamsungが稼働を一時休止していたiPhone用のOLEDパネル製造ラインを再稼働させる、と報じています。

iPhone X用OLEDを独占供給するSamsung
Samsungは、iPhone X用のOLEDパネルを独占供給しています。コスト抑制とリスク管理のため、Appleは通常、主要部品を複数サプライヤーに発注しますが、OLEDに関してはiPhoneの需要に応じられる生産能力を持つのがSamsungに限られるのが実情です。

Appleは、LG DisplayからもOLEDディスプレイの供給を受ける方針と報じられていますが、2018年の時点では、大半をSamsungが供給するのではないかとも言われています。

2018年秋に発売の3モデル中2モデルがOLED搭載
2018年秋に発売されるiPhoneは、iPhone Xの後継モデルとして「iPhone XI」や「iPhone X2」と噂される5.8インチOLEDモデル、「iPhone X Plus」とされる6.5インチOLEDモデル、そしてミッドレンジ製品と見込まれる6.1インチ液晶モデルの3つになる、と予測されています。

このうち、液晶モデル用のディスプレイパネルを、ジャパンディスプレイが大量に受注した、と報じられています。
2018年4月17日 07時50分
iphone-mania.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe