>  > 


【スマホ】Apple、iOS11.3以降搭載のiPhone7/7 Plusでのマイク問題を認識


2018/05/05 11:56

Appleが、iOS11.3以降のiOSを搭載した一部のiPhone7/7 Plusで起きているマイクの不具合を、認識していることがわかりました。

スピーカーボタンが灰色に
米メディアMacRumorsが入手した、Apple正規サービスプロバイダに配布された文書には、ユーザーが電話通話中にスピーカーボタンが灰色となり、使えなくなる場合があるようだ、と記されていました。またこの不具合により、電話通話中やFaceTimeでのビデオチャット中に、音声が聞こえなくなる現象も起きていると書かれていたとのことです。

Appleは文書中で正規サービスプロバイダに対し、まずユーザーに、iPhoneに接続したBluetoothヘッドセットなどのオーディオアクセサリの接続を解除(または電源オフ)するようアドバイスし、問題が解決するかどうか確認するよう指示しています。

マイクに不具合があれば修理対象に
文書によれば、それでもスピーカーボタンが灰色のままの場合は、音声診断が必要となります。マイクに不具合があると、「デバイスはドックを認識できませんでした」または「アクセサリがサポートされていません」というメッセージが表示され、修理の対象となります。

マイクの不具合が見つかったiPhone7/7 Plusの保証期間がすでに終了している場合、保証期間延長の対象となります。ただし期間延長が認められるのはこの問題を持つ場合のみで、また文書には修理料金が無料なのかどうかは記されていない模様です(無料の可能性が高そうですが)。

現時点では修理プログラムは未発表
マイクの不具合は一部のiOS11.3以降のiOSを搭載したiPhone7/7 Plusのみで起きているようですが、MacRumorsによれば、Appleサポートコミュニティ、Reddit、Twitterなどに、いくつか問題の報告が投稿されています。

Appleは問題の存在を認識しているようですが、その理由については文書で説明していません。iPhoneの修理が必要な場合もあるということは、iOS11.3へのアップデートがハードウェアの欠陥を引き起こしている可能性もあります。

MacRumorsは入手した文書は正規のものであることを確認したと記しているものの、現時点ではAppleはまだ修理プログラムを発表していません。

いずれにせよ、上記の問題が起きているiPhone7/7 Plusユーザーは、AppleまたはApple正規プロバイダーに問い合わせることをお勧めします。

なおiPhone7については、モバイルデータ通信のサービスエリア内でもステータスバーに「圏外」と表示される問題が発生、今年2月に修理プログラムが立ち上げられています。
2018年5月5日 07時50分
iphone-mania.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe