>  > 


【企業】米、パナソニックと子会社に制裁金 不正会計や賄賂で


2018/05/01 07:43

【ニューヨーク=関根沙羅】米証券取引委員会(SEC)と米司法省は30日、パナソニックと米子会社パナソニック・アビオニクス(PAC)に対し、海外腐敗行為防止法違反などで、計2億8040万ドル(約306億円)の制裁金を科すと発表した。パナソニックとPACも支払いに同意したという。

SECによると、航空機向けの娯楽システムを提供するPACは、国営航空会社との7億ドル規模の契約成立のために、政府関係者を同航空会社の顧問に就任させ、その後自社で雇用した。その報酬を隠蔽しており、SECは賄賂に当たると判断した。

また、SECはPACの会計操作でパナソニックが2012年4〜6月期決算で8200万ドル分の売り上げを不正に報告したと指摘し、これが不正会計に当たるとした。パナソニックは不当利得の返還などで1億4300万ドルを支払う。

米司法省も同日、PACが帳簿を偽装した疑いがあるとして刑事告発した。PACは罰金として1億3740万ドルを支払う。

パナソニックは昨年2月、米司法省とSECから調査を受けていると公表。調査に全面協力し、解決に向けた協議を続けていた。同社は30日、今回の制裁金の支払いは17年10〜12月期までに引き当て済みで、18年3月期の連結業績予想への影響は「重要なものではない」とのコメントを発表した。
2018/5/1 6:04 (2018/5/1 7:10更新)
www.nikkei.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe