>  > 


【実証実験】広島県、AI・IoTの実証プラットフォームを構築へ--ソフトバンクやNTT西日本らが協力


2018/05/18 15:24

 広島県は5月17日、AIやIoTなどを活用した実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を構築することを発表した。オープンな実証実験環境を提供することにより、県内外から多彩な企業や人材を呼び込み、産業や課題の解決に結びつける狙い。また、東京都渋谷区と連携を図り、渋谷区の企業の参加を促進するなどの取り組みを進めていくとしている。

https://japan.cnet.com/storage/2018/05/18/56798ee7a1255858ae754ccf46cb8e5c/P5172999_R.jpg
記者説明会には「ひろしまサンドボックス」に参画する企業・自治体が登壇。左からソフトバンク代表取締役 副社長執行役員兼CTOの宮川潤一氏、渋谷区長の長谷部健氏、広島県知事の湯崎英彦氏、西日本電信電話取締役 中国事業本部長の永野浩介氏

 同日に連携先の渋谷区で実施された記者会見において、広島県の湯崎英彦氏は、ひろしまサンドボックスを構築する背景について説明した。広島県は、中国・四国・九州地方における製造品出荷額が12年連続で第1位、また1人あたりの県民所得も全国第1位であるなど、足元の経済は非常に好調だという。その一方で、少子高齢化やそれにともなう人口減少、そしてグローバル化など、日本全体が抱える課題と同様の課題を抱えているとのこと。

 そこで広島県では「イノベーション立県」を目指し、これまで年間1万人が利用しているイノベーション創出拠点「イノベーション・ハブ・ひろしまCamps」や、広島大学と連携し、スーパーコンピューターを共同利用するなどして産業のデジタル化を推し進める「ひろしまデジタルイノベーションセンター」などを設立してきた。そうしたイノベーション立県に向けた第3弾の取り組みとなるのが、ひろしまサンドボックスだという。

 湯崎氏はひろしまサンドボックスについて、さまざまな技術やノウハウを持つ県内外の企業を呼び込みコラボレーションすることで、AIやIoTなどのノウハウや知見を蓄積し、これまでにないソリューションを作り、試していける場にしたいと話す。そのために、今後3年間で10億円規模の投資をしていくことに加え、情報交換やマッチングを推し進める場として「ひろしまサンドボックス推進協議会」を設立し、県内外の企業や個人の参加を促進していくという。

https://japan.cnet.com/storage/2018/05/18/0e51a61ffa812ee27dffc521fd6d6109/P5172881_R.jpg
広島県ではひろしまサンドボックスに、今後3年間で10億円規模の投資を想定。県内外の企業に参画してもらい、AIやIoTなどを活用した新たな事業創出につなげていくという

>>2 へ続く

ひろしまサンドボックス
hiroshima-sandbox.jp
ひろしまサンドボックス推進協議会 - 広島県ホームページ
www.pref.hiroshima.lg.jp
「ひろしまサンドボックス推進協議会」に参画し、AI・IoT実証プラットフォームの構築を支援 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
www.softbank.jp

2018年05月18日 14時07分
CNET Japan
japan.cnet.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe