>  > 


【新技術】マイクロソフト、センシングマット「Project Zanzibar」発表。NFCと静電容量でマット上の物体を検知【ザンジバル】


2018/04/10 15:29

https://s.aolcdn.com/hss/storage/midas/ba0d578521c7b4a7c7704c2f19dd7542/206283305/dims.jpg
カードゲーム系が楽しそう

Microsoftがデジタルと現実を融合させる新しいセンシングプラットフォーム「Project Zanzibar」を開発、今月下旬にモントリオールで開催されるCHI 2018で論文発表を行うとブログ上で明らかにしました。

Project Zanzibarは、物体を検出するためのNFCと、指の動きを追跡する静電容量センサを組み合わせたスマートプレイマットです。NFCステッカーを貼った物体をマット上で検知できるほか、垂直方向の検出にも対応。ブロックを積み重ねた場合にも位置関係を把握できます。また、静電容量センサでマット上に指で触れたり、触れずに手をかざしていることも検出可能です。

マット自体はフレキシブルで、丸めて持ち運ぶことも可能。USBやBluetoothで接続すればすぐに使用できるとしています。

youtu.be
上の動画のようにブロックやフィギュアを使った遊びやカードゲーム、あるいは単語学習など、応用範囲は広そうです。

Project Zanzibarは、Microsoftの研究開発部門 Microsoft Researchによるものなので、製品化されるかどうかは不明です。ただMicorosftは、近年、この研究開発部門を改革し製品化の促進を図っています。このため、近いうちにProject Zanzibarがリリースされる可能性もあるかもしれません。

なお、Project Zanzibarに関する論文はMicrosoftのサイトからダウンロードが可能です。
Project Zanzibar: A Portable and Flexible Tangible Interaction Platform - Microsoft Research(英文)
www.microsoft.com

2018年15時00分
Engadget 日本版
japanese.engadget.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe