>  > 


【株式前場値動き】前場の日経平均は反落、米株安・円高で売り優勢


2018/01/17 12:52

立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。
後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。
もちろん中の人も大いに活用して下さいね。お漏らしは程々に。
株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。
株式前場値動き | スレタイ検索 dig @ 5ちゃんねる op[0:50:1:1:8:all:0] dig.5ch.net
そりゃあね、昨日が昨日だから利確強いに決まってますわ。むしろ下がらない方がおかしい。
とか言いながら上げ圧力はまだまだ元気。後場再開後も23850円をまたいでもみ合いの展開。

[東京 17日 ロイター]前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比103円10銭安の2万3848円71銭となり、反落した。原油価格の下落を受けて米国の主要3株価指数が下げたことに加え、為替が再び円高に傾いたことが重しとなり、朝方から売りが先行。仮想通貨のビットコインが急落したことも投資家心理を冷まし、下げ幅は一時200円を超えたが、円高が一服すると下げ渋る展開となった。年初からの上昇相場で出遅れた国内勢の押し目買いも入ったとみられている。

TOPIXは前日比0.22%安で午前の取引を終了した。セクター別では鉱業が下落率トップ。石油・石炭、海運がこれに続いた。半面、金属製品、食料品が買われ、機械もしっかり。午前中の東証1部の売買代金は1兆4120億円だった。市場では「押し目買い意欲が強く、全体に底堅さが感じられる。ただ、企業側の想定為替レートに対するのりしろが減少しているのは事実であり、日経平均2万4000円台を狙うには来週以降の決算発表を確認する必要があるだろ
う」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり615銘柄に対し、値下がりが1348銘柄、変わらずが100銘柄だった。

2018年1月17日 / 11:56
ロイター
jp.reuters.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe