>  > 


【株式前場値動き】前場の日経平均は反発、上げ幅200円超 アップル関連株は弱含み【11/6 株価】


2018/11/06 12:43

立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。
後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。
もちろん中の人も大いに活用して下さいね。お漏らしは程々に。
株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。
株式前場値動き | スレタイ検索 dig @ 5ちゃんねる op[0:50:1:1:8:all:0] dig.5ch.net
アメリカ中間選挙直前と言うことか市場も売買が伸びません。数字だけを見れば反発なのですが、いつもなら相場を牽引する値がさ株が大人しく、内需関連銘柄がそれぞれ押し上げている状態。海外からの売買によって変動する恐れもあります。
アメリカ下院の開票状況によって事態が大きく動く可能性がありますので注視しましょう。

[東京 6日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比222円82銭高の2万2121円81銭となり、反発した。米国株や為替の落ち着きを支えとした買いが入り、上げ幅は200円を超えた。アップル(AAPL.O)が台湾メーカーに新型スマートフォンの増産中止を要請したと報じられ、電子部品株に売りが出た。ただトヨタ(7203.T)の中間決算や米中間選挙の結果を見極めたいとの姿勢は強く、指数は高値圏でもみあいを続けた。

TOPIXは前日比1.08%高で午前の取引を終了。東証1部の前場の売買代金は1兆0813億円だった。東証33業種中、値下がりしたのは空運のみ。石油・石炭や鉄鋼、医薬品が値上がり率上位にランクインした。個別ではジャパンディスプレイ(6740.T)、TDK(6762.T)、日東電工(6988.T)などアップル関連株の一角が逆行安となっている。

また前日に9月中間決算を発表したソフトバンクグループ(9984.T)は買い先行後下げに転じた。同社が5日発表した2018年4─9月期決算(国際会計基準)は、営業利益が前年比1.6倍の1兆4207億円に拡大。だが「ファンドで稼ぐ構図となっている。サウジアラビア情勢の不透明感もあり、ファンドの先行きは楽観視しにくい」(国内証券)との声もあり、戻り売りに押された。

アイザワ証券・投資顧問室ファンドマネージャーの三井郁男氏は全体相場について「イベント通過後は短期的に買いやすくなるとの見方はあるが、貿易摩擦に伴う企業業績への中期的な悪影響をマーケットは気にしている」と指摘。「下期の見通しに慎重な企業が多い。業績のビジビリティー(視認性)が高い銘柄に資金が向かっている」と話す。

東証1部の騰落数は、値上がり1394銘柄に対し、値下がりが630銘柄、変わらずが86銘柄だった。

2018年11月6日 / 11:50
ロイター
jp.reuters.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe