>  >  > 


【玩具/家庭用ゲーム機】花札の任天堂が紙で勝負、スイッチ拡販へ工作ゲーム「ラボ」を発売(4/20発売)


2018/04/21 07:02

bloomberg 2018年4月20日 6:02 JST
www.bloomberg.co.jp

「ニンテンドーラボ」Source: Nintendo Co.
https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iq4DVNVytQ1E/v2/600x-1.jpg

ラボのバラエティーキット Source: Nintendo Co.
https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/ii2V9POSnJTo/v0/600x-1.jpg


 任天堂が家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」と段ボールを組み合わせて遊ぶ「ニンテンドーラボ」を
20日発売した。工作好きな子供など新規顧客層の開拓が狙いで、昨春発売したスイッチの販売を
後押できるかが焦点。明治時代に花札製造で成長した同社が紙で新たな勝負に出る。

 「ラボ」の最大の特徴は自ら工作した段ボールの部品がスイッチのコントローラーと連携し、
ユーザーが身振りなどをゲームの画面に反映、体感もできること。コントローラーに内蔵された傾きを
検知するジャイロセンサーや、物体の動きを捉える赤外線カメラ、細かな振動を再現する部品などの
技術を駆使している。

 2017年3月3日に発売され、販売好調なスイッチだが、課題は若年層の開拓にあった。任天堂が
同年10月に開示した米国でのスイッチ購入者調査によると、家庭内で最も購入意欲が高かったのは
20代から30代で全体の63%。15歳以下は同10%にとどまっていた。

 そこで投入するのがラボだ。ジェフリーズ証券のアツール・ゴヤール氏は、ラボの発売は
「スイッチ劇場第2幕」であり、「若い世代開拓の始まりでコアゲーマーからの転換」を意味すると分析した。


株価はヒット織り込みへ

 16年6月に1万3360円の年間安値を付けた任天堂の株価は、スイッチの販売好調などを背景に上昇基調を強め、
今年1月24日の取引時間中に4万9980円と5万円目前まで迫った。しかし、米国株の高値波乱なども背景に、
ここ1、2カ月は4万5000円前後でもみ合っている。

 ミョウジョウ・アセット・マネジメントの菊池真代表取締役は、ラボは大ヒットするとみており、
「今の株価にはこれがほとんど織り込まれておらず、販売好調が伝わるに連れ、株価の一段高もあり得る」と予想。
岩井コスモ証券の川崎朝映シニアアナリストは、ロボットキットと連動する新たなソフト投入などに注目する。


(続きは記事元参照)


関連記事
「Nintendo Labo」きょう発売 Switch向け段ボール工作キット

ITmedia NEWS 2018年04月20日 12時05分
www.itmedia.co.jp

参考記事
「段ボールを使って、昔やった工作がしたい」――「Nintendo Labo」が生まれた背景、宮本氏ら語る

ITmedia NEWS 2018年02月05日 12時21分
www.itmedia.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe