>  > 


【産経新聞】民間の力で大阪城公園の集客アップ 新施設続々、訪日客でにぎわい 


2018/05/04 09:23

産経WEST 2018.5.3 21:58
www.sankei.com

 大阪のシンボル、大阪城公園(大阪市中央区)が民間企業の参画で生まれ変わり、多くの観光客が訪れている。
訪日外国人観光客(インバウンド)増加を追い風に飲食店や土産物店などが新設され、滞在型観光拠点としての
魅力がアップ。大阪城天守閣の昨年度の入館者数は約275万人で3年連続過去最多を更新し、
大阪の一大集客エリアとしてにぎわっている。


年間4千万円の赤字→市に2億以上の収入

 約105・5ヘクタールと広大な敷地を持つ大阪城公園は、これまで大阪市が管理運営。
だが、天守閣や施設ごとに担当が異なり、全体を観光拠点としてうまくアピールできていなかった。
このため、市は民間の力で集客を強化しようと事業者を公募。平成27年度からは大和ハウス工業や
電通など5社からなる「大阪城パークマネジメント共同事業体」が管理運営している。

 市は委託料を支払わず、共同事業体が市に固定費と収益に応じた納付金を支払う仕組み。
事業体は27年度に計約2億4千万円、28年度は計約2億5千万円を納めた。市が管理運営していた
26年度は約4千万円の赤字で、吉村洋文大阪市長は「2億円以上が納付され、住民サービスに回せている」と喜ぶ。


レストランや忍者グッズ販売店も

 事業体はこれまでに約40億円以上を投資し、集客施設を整備してきた。バスの駐車スペースは50台から
約95台分に拡大。昨年6月には飲食店やランナー向けシャワー室なども備えた商業施設
「ジョー・テラス・オオサカ」がオープンした。

 同10月には、平成13年まで市立博物館として利用されて以降は使われていなかった
「旧第4師団司令部庁舎」を改装し、レストランや忍者グッズ販売店などが入る「ミライザ大阪城」も開業。
今月は噴水周りにカフェや子供の遊び場なども新設、来年2月には外国人観光客をメインターゲットにした劇場
「クールジャパンパーク大阪」(仮称)も開業する計画だ。

 共同事業体の責任者、米田巳智泰(みちひろ)さんは「大阪城を見学したらすぐ帰ってしまう人が多かったが、
今は周辺のレストランで一休みもできる。いろいろな楽しみ方で、滞在時間を長くしてもらえれば」と話した。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe