>  > 


【発電事業】横須賀石炭火力「再検討含め再考を」 環境相が意見書【CO2削減】


2018/08/10 12:45

 中川雅治環境相は10日、東京電力ホールディングスと中部電力の共同出資会社JERA(東京・中央)が神奈川県横須賀市で建設を計画する石炭火力発電所について、二酸化炭素(CO2)排出削減への道筋がつかない場合、事業の再検討を含めて考え直すよう求める意見書をまとめた。

 石炭火力発電は国内外の事業環境が極めて厳しく、リスクが大きいと指摘した。

 環境影響評価(環境アセスメント)法に基づき、同日午前に世耕弘成経済産業相に提出した。中川環境相は記者会見で「石炭火力の置かれている状況は非常に厳しい。再検討を含め、あらゆる選択肢を勘案することが重要だ」と述べた。

 JERAは石油などを使った現在の古い火力発電所を、2基計130万キロワットの石炭火力発電所に建て替える計画を検討している。2023年の運転開始を目指している。

 石炭火力は最新鋭の設備でも、発電量あたりのCO2排出量が液化天然ガス(LNG)の2倍となる。温暖化対策に逆行するものとして、環境省は他の建設計画にも懸念を示している。ただ環境省には計画の可否を決める権限はない。

2018/8/10 12:01
日本経済新聞
www.nikkei.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe