>  >  > 


【研究/茨城】高性能顕微鏡を共同利用=物材機構、企業と連携


2018/05/14 19:04

JIJI.COM 2018年05月14日16時01分
www.jiji.com
業と共同利用する最新鋭の電子顕微鏡について説明する物質・材料研究機構幹部=14日午前、茨城県つくば市
https://www.jiji.com/news/kiji_photos/0180514at40_t.jpg

 物質・材料研究機構(茨城県つくば市)は14日、世界有数の性能を誇る電子顕微鏡を企業と共同で使う
「オープンラボプログラム」を始めたと発表した。企業からの利用料などで電子顕微鏡を借り、
機構が管理・運用する。こうした取り組みは全国初という。<下へ続く>

 企業は2億円以上する最新機器を年間351万円で使い、最先端の技術開発ができる。機構も購入費用が
不要で最新機器に更新しやすく、産学官連携の研究を進めやすくなる。

 新たにレンタルした透過型電子顕微鏡は、電子ビームを当てて画像を得る時間がこれまでより10倍速く、
ビームで壊れやすい有機系素材の開発に役立つという。

 オリックス子会社のオリックス・レンテック(東京)と、電子顕微鏡大手の日本電子(同)と協力して
仕組みを構築。機構はレンテックから顕微鏡を借り、企業も利用できるようにした。既存の電子顕微鏡も
利用可能で、機構は既にメーカーなど国内6社と契約。さらに2〜3社と契約したい考えだ。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe