>  > 


【研究】海底生物を捕る自動ロボ開発 東大と九工大、環境調査に活用


2018/04/24 17:17

共同通信 2018/4/24 11:54
this.kiji.is

 海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチームが24日、
発表した。従来の人が乗り込む探査船やケーブル付きの遠隔操縦機より手軽に使える利点があり、
チームは海底の環境調査に役立てたいとしている。

 ロボットは一辺が約1.3メートルの箱形で、水深2千メートルまで潜ることができる。海上の支援船から下ろし、
あらかじめプログラムされたコースを自動で航行する。

 海底を5秒おきに撮影。色やライトの当たり方で、生き物の可能性がある画像を選んで支援船に送信する。
この画像を基に対象を指定すると、ロボットは吸引装置で生き物を捕獲する。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe