>  > 


【総務省】消費者物価0.7%上昇 4月、食品・電気代上げ影響


2018/05/18 12:07

〔日経QUICKニュース(NQN)〕2018/5/18 9:42
www.nikkei.com

 総務省が18日発表した4月の全国消費者物価指数(CPI、2015年=100)は生鮮食品を除く総合が100.9と
前年同月比0.7%上昇した。上昇は16カ月連続。ビールなど生鮮以外の一部食品の値上げや、原油価格の
上昇による電気代の引き上げなどが影響した。

 生鮮食品を除く総合では、全体の53.9%にあたる282品目が上昇し、180品目が下落した。横ばいは61品目だった。

 生鮮食品を除く食料品が上がった。業務用ビールの値上げが進んだほか、ヨーグルトは容量の削減で
実質的に値上がりした。主食米の価格上昇も影響した。生鮮食品を含む総合は100.9と0.6%上昇した。

 生鮮食品とエネルギーを除く総合のCPIは101.0と前年同月比0.4%上昇した。診療報酬の改定で診療代が上がった。

 日銀の重視する生鮮食品とエネルギーを除く総合指数の上昇傾向が続くかどうかについて総務省は
「4月以降進んでいる(物流費などの価格転嫁にともなう)食品の値上げがどこまで進むか注視している」
(統計局)としている。


関連記事
消費者物価、4月は前年比+0.7% 2カ月連続で上昇幅縮小

ロイター 2018年5月18日 / 09:07
jp.reuters.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe