>  > 


【自動車】VWヴィンターコーン元社長、米で起訴 排ガス不正問題


2018/05/04 07:01

【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)の元社長、マルティン・ヴィンターコーン氏が排ガス不正に加担した疑いで、米国で起訴されたことが3日わかった。現地メディアによると、訴状は3月14日付で、5月3日に公開された。当時の取締役クラスが訴追されるのは初めて。ヴィンターコーン氏には共謀と詐欺の疑いが持たれている。

米検察当局がほかのVW元幹部5人とともにミシガン州の東部連邦地裁に提訴した。

VWの排ガス不正は2015年9月に発覚。VWが米国の排ガス規制をクリアするために、試験時だけ有害物質の排出を抑える違法なソフトウエアを搭載していた。ヴィンターコーン氏は不正が行われていたことを「知らなかった」としながらも、混乱の責任を取るかたちで辞任していた。

これまでの米国での裁判でVWは不正の事実を認め、総額3兆円を超える制裁金や車両買い戻し費用を支払っている。VWは経営層の指示による不正を否定しているが、裁判で元トップが関与したことが認められればさらなるダメージは免れない。
2018/5/4 6:19
www.nikkei.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe