>  > 


【航空】JAL初導入のエアバス機「A350-900」仏から日本へテイクオフ


2019/06/13 21:55

ALが初めて発注したエアバス機「A350 XWB」。「挑戦のレッド」の特別塗装を持つその初号機(A350-900型機)が、最終組立工場のあるフランスのトゥールーズから、ついに日本へ向けて飛び立ちました。

日本の航空会社でも初のA350 XWB
 JAL(日本航空)が新たに導入するエアバスA350-900型機が、2019年6月13日(木)13時前(日本時間13日20時前)、同機の最終組立工場があるフランス南部のトゥールーズを離陸。日本の羽田空港へ飛び立ちました。

 エアバス機をJALが発注したのは、これが初めて。今回、エアバスからデリバリー(引き渡し)され、羽田へ向かったA350-900型機(機番:JA01XJ)は、その初号機になります。なお、かつてJALが運航していたエアバス機は、統合前のJAS(日本エアシステム)が発注したものです。また、日本の航空会社によるA350 XWBの導入も、今回のJALが初です。

A350-900型機は、エアバスの最新鋭旅客機「A350 XWB」シリーズのひとつです。JALはA350-900型機が18機、同シリーズの長胴型であるA350-1000型機が13機、あわせて31機の確定発注と、さらにオプションとして25機の購入契約をエアバスと締結しています。

 JALはこのA350 XWBを、国内線と国際線の両方で使っているボーイング777型機の後継として導入。まず2019年9月1日(日)より、羽田〜福岡線でA350-900型機の運航を開始し、羽田〜那覇、新千歳線にも順次拡大する予定です。

「A350 XWBは、国内線の短距離から国際線の長距離まで対応できる汎用性の高い機体です。JALにはそこも評価していただけたのではと思います」(エアバス A350 XWB プロダクトマーケティングマネジャー Claire Thomasさん)

 またA350 XWBの購入契約をした、元パイロットであるJALの植木義晴会長は、今回のデリバリー(引き渡し)にあたっての記者会見で「私は18歳から57歳まで、実際に飛行機に乗ってきた人間です。その観点でA350型機を選んだ理由を挙げるならば、エアバス社の全ての飛行機に一貫した考え方、信念が取り入れられていることを、シミュレーター、実機を見て感じました。そこに惚れました。エアバス社が一番大切にしているのもそれだと思います」と話しています。
https://contents.trafficnews.jp/image/000/029/239/large_190613_a350_01.jpg
trafficnews.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe