>  > 


【AI】 AI音声アシスタント、2021年までに75億台のデバイスに導入へ


2017/05/20 10:00

https://robotstart.info/wp-content/uploads/2017/05/voice-assistant01.png
英国に本社を置く、情報通信技術(ICT)に特化した市場調査会社「Ovum」が興味深いレポートを公開したので紹介する。

2021年までに75億
同レポートでは、2021年にはAI音声アシスタントのインストールベースが75億を超えるという予想が展開されている。

2016年の段階で、スマートフォンやタブレットに搭載されたAI音声アシスタントはGoogle NowやApple Siriの2つを中心に既に35億を超えている。2021年には、Google Assistantを筆頭に、サムスンのBixby(14.5%)、AppleのSiri(13.1%)、AmazonのAlexa(3.9%)、MicrosoftのCortana(2.3%)の順で音声AIアシスタント市場が拡大するという。

スマートフォン以外においても、ウェアラブルデバイス、スマートホーム、TVデバイスなどの新しいデバイス上で音声が利用されていくことで、2021年には2016年には10倍に増加し16.3億と指数関数的に増加すると予想している。

Ovumの発表した推移予測グラフではAI音声アシスタント業者別の2021年までの動きがわかる。Google Assistantの急成長、中国市場は別枠で成長、Bixby、Siriはスマートフォン搭載領域で強めの成長が予測されている。一方、スマートスピーカー中心での普及を目指すAlexa、Cortanaは弱めの予測になっているようだ。
robotstart.info

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe