>  > 


【CPU】AMD、16コア32スレッドの「Ryzen 9 3950X」発表 749ドル Su氏「『もっとコア数の多いモデルは出さないのか』答えはYESだ!」


2019/06/11 20:14

「Ryzen 9 3950X」は16コア32スレッドに到達。AMDが独自イベントで「Ryzen 3000」の追加ラインナップを発表 - 4Gamer.net
www.4gamer.net
2019/06/11 09:00

 北米時間6月10日,AMDは,E3 2019のタイミングに合わせて,会場にほど近いイベントホールで「AMD Next Horizon Gaming」という新製品発表イベントを開催した。このイベントに先だって6月8日と9日に,AMDは世界中のメディア関係者を集めた事前説明会を開催している。

 これらのイベントには,AMD社長兼CEOであるLisa Su博士をはじめとして,AMDのCTO兼テクノロジー&エンジニアリング部門上級副社長のMark Papermaster氏,新たなMr.RadeonことRadeon Technologies Group担当上級副社長のDavid Wang氏など多くのAMD幹部が登壇して,新製品や新技術をアピールしていた。
 2日間のイベントを振り返ると,9日の午後に行われた,新製品のアーキテクチャや関連技術の解説がメインと言えるものだったが,それについては別途レポートすることとして,本稿では8日の午後と9日の午前に行われた発表から,新世代CPUである「Ryzen 3000」シリーズについての話題をレポートしたい。

(省略)

 もちろん,発表となったのはRyzen 5シリーズだけではない。
 Su氏は,「Ryzen 9 3900Xを発表したとき,大勢の人たちから『もっとコア数の多いモデルは出さないのか』という問い合わせをいただいた。なんて貴方たちは強欲なんだ! 答えはYESだ!」と叫びながら,16コア32スレッド対応のハイエンドCPU「Ryzen 9 3950X」を披露したのだ。

 Ryzen 9 3950Xは,Ryzen 9 3900Xが搭載する2基のZen 2コアに含まれるすべてのCPUコアを有効とした製品だ。16コア32スレッド対応のRyzen系CPUとしては,初代Zenベースの「Ryzen Threadripper 1950X」や,第2世代ZEN+ベースの「Ryzen Threadripper 2950X」に匹敵するCPUとなる。


しかも,Ryzen Threadripperに対してRyzen 9 3950Xは,

CPUアーキテクチャの世代が新しい
動作クロックが高い
PCIe 4.0環境が利用できる
価格がかなり安価

といった利点を有する。
 なによりも魅力的なのは,Ryzen Threadripperシリーズでは,専用のTR4プラットフォームが必要だったのに対して,Ryzen 9 3950Xは,ごく一般的なRyzen用のAM4プラットフォームで利用できるところだろう。
 Ryzen 9 3950Xの発売は2019年9月の予定で,メーカー想定売価は749ドルとなっている。

(続きはソースで)

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe