>  > 


【IT】グーグルは「あなたのデータ」と引き換えに、世界をもっと便利にする


2018/05/11 18:58

グーグルが毎年恒例の開発者カンファレンス「Google I/O」で、人々の生活をもっと便利になると謳うさまざまな新サーヴィスを発表した。だが冷静に考えてみてほしい。その便利さと引き換えにわたしたちは、個人の行動にまつわるあらゆるデータをグーグルに差し出しているのだ。

過去20年間、グーグルのミッションは世界の情報を体系化することだった。グーグルが提供する情報は、人々の周囲でますます整理されている。ウェブでの閲覧行動、どこに行ったか、誰と話したか、何を言ったか、そして何を検索したのか。

5月8日(米国時間)に開かれたグーグルの毎年恒例の開発者カンファレンス「Google I/O」で、この傾向はさらに顕著になっていた。同社が今回のカンファレンスで紹介した一連の新サーヴィスは、率直に言って「非常に便利である」との印象だ。

例えば、カメラを通して周囲にある物に関する情報を自然に浮かび上がらせる検索ツール「Google レンズ」。そして、連続した会話のなかでは毎回ウェイクワードを言わなくてもいい「continued conversation(連続会話)」機能を備えた「Google アシスタント」などだ。

ヴァイスプレジデントであるアパーナ・チェンナプラガダは、「カメラを起動すれば、レンズがあらゆる情報を即座に浮かびあがらせます。また、目にしているものとその情報をレンズが結びつけます」と語る。

そのうえで、ほかのメーカーのスマートフォンに近い将来組み込まれる予定の新機能が、あらゆるものをどのように認識できるかを実演した。グーグルの担当者は『WIRED』US版に対して、カメラを開いたときにレンズが動作し始めると説明している。

個人情報と引き換えに賢くなるサーヴィス
最新のニュースを読みたいって? グーグルのトリスタン・アップスティルは、「Google ニュース」が個人の好みに合わせて記事を推奨する機能を紹介しながら、次のように語った。「素晴らしいのは、わたしが政治の動きを追いかけていることやオートバイに乗るのが好きなこと、そしてベイエリアに関する情報を求めていることを自ら話さなくても、アプリがすぐにきちんと動作したことです」

どこか出かけたいって? ヴァイスプレジデントのジェン・フィッツパトリックは、「Google マップ」にお薦めのレストランが自動で表示される機能を紹介しながら、こう言った。「何もする必要はありません。Google マップはいつもの日常から抜け出すアイデアを提案してくれるだけでなく、何か新しいことを試すようインスピレーションを与えてくれます」

このお薦めは「Your Match」というスコアも表示される。Your Matchはグーグルの機械学習に加えて、「わたしが評価したレストランや好きな料理、そして訪れたことのある場所など、追加した情報を組み合わせるのです」と、フィッツパトリックは説明する。

「デジタルウェルビーイング」を謳ったAndroidのダッシュボード機能もそうだ。最高経営責任者(CEO)のサンダー・ピチャイは、ダッシュボードについて「利用者の行動を把握」することに務めたと明かした。「どのように時間を過ごしたのかを完全に視覚化します。アプリごとの利用時間、特定の日にスマートフォンをアンロックした回数、受け取った通知の数などです」と語った。

こうした無料のパーソナライズには、相応の代償が求められる。つまり、ユーザーが自身の生活に関してより多くのデータを提供すること、そしてグーグルによるデータの解析に頼っているのだ。結果として人々の日々の選択に対して、「検索の巨人」がさらなる影響力と支配力を得ることになる。

さらに大量のデータで強くなっていくグーグル
wired.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe