>  > 


【OS】Google、今秋リリース予定の新OS「Android P」を発表


2018/05/09 11:59

Googleは現地時間8日より米カリフォルニア州マウンテンビュー本社で開催中の開発者会議「Google I/O」において、この秋公開予定の次期OS、Android Pの機能を紹介すると同時に、ベータ版を開発者向けに公開しました。

ナビゲーションボタンの採用
新Androidでは、これまで画面下に3つあったボタンがなくなり、iPhone Xとよく似た、小さな長方形のナビゲーションボタンが導入されています。上下、左右にスワイプして画面やアプリを表示するところは、iPhoneと似通っています。

ダッシュボードでアプリの使用時間を設定
https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2018/05/androiddashboard-e1525817839910.jpg

Android Pでは、スマートフォン上のすべてアプリについて、いつ、どのくらいの頻度で、どれだけの時間使用したかがわかる新「ダッシュボード」が採用されています。ここでは使用時間を把握するだけでなく、自分で時間を設定し、制限することも可能です。たとえばInstagramの使用時間を1日30分に設定した場合、30分使用すると同アプリのアイコンの色がグレーに変化します。

以前、iPodの父と呼ばれるトニー・ファデル氏が、これとよく似た機能の追加をAppleに推奨していましたが、Appleが今後同様の機能を採用する可能性はあるのでしょうか。

画面を下向きにするだけでおやすみモードがオンに
またGoogleは、電話やテキストメッセージなどの通知を知らせない新たな「Do Not Disturb(おやすみモード)」を導入しています。新しい「Shush(静かに、という意味)」機能を設定すると、スマホの画面を下向きに置くだけで、おやすみモードがオンになります。

さらに新たに追加された「Wind Down(おやすみ準備)」モードでは、就寝時間を設定しておくと、その時間になると画面全体が灰色に変わり、スマホを使う意欲を削ぐようになっています。

新Android OSにおいてGoogleは、「単純さ(Simplicity)」「賢さ(Intelligence)」「健康なデジタル生活(Digital Wellbeing)」を3本柱にするとしていますが、ダッシュボードにおける時間設定やおやすみモードおよびWind Down機能などは、この最後の「健康なデジタル生活」に沿うものだといえるでしょう。

バッテリー消費量を節約できる新機能
またAndroid Pでは、「Adaptive Battery(適応バッテリー)」のオプションが追加されます。適応バッテリーでは、今後数時間に使うアプリを予測し、それ以外のアプリを制限した場合にどれだけバッテリー消費が節約できるかを教えてくれます。

Android Pではこのほかにも数多くの新機能が追加され、機能向上が行われています。
2018年5月9日 07時25分
iphone-mania.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe