>  > 


【PRESIDENT】中国の"うそディズニー"でバイトしてみた 「ミッキー」っぽいが目つきが変


2018/04/29 17:45

PRESIDENT Online 2018.4.29
president.jp

 北京と上海の中間ぐらいにある中国沿岸部の田舎町に、一見して「ディズニーランド」のような遊園地がある。
ここまで堂々とパクるのは、なぜなのか。フリーライターの西谷格氏は、現地の人々に混じって
「着ぐるみ」のアルバイトをして、彼らの日常の姿に迫った。公然と著作権を無視する人たちの本音とは――。


日本人でも即面接、即採用

 山東省煙台市は、北京と上海の中間ぐらいに位置する沿岸部の中規模都市。遊園地の場所を中国版グーグルマップ
「百度地図」で検索すると、煙台市からさらに直線で60キロ以上離れていた。そんな田舎の遊園地が、
外国人である私を雇ってくれるのだろうか。恐る恐る電話をかけると、ダミ声の中年女性が電話口に出た。

「もしもし、何の用ですか?」

単刀直入に本題を切り出す。

「そちらの遊園地で仕事がしたいんです。着ぐるみを着たいのですが」

と聞いてみると、

「給料はいくら欲しいの? とりあえず事務所に来なさい」

と言われ、いきなり好感触。上海在住だと伝えると、「上海人か?」と聞かれたので、正直に日本人と答えた。
それでも特段こちらを怪しむような気配はない。数日後に行くと約束し、飛行機とバスを乗り継いでたどり着いた。

 遊園地のゲート付近にあった事務所を訪ねると、電話対応してくれた中年女性が現れた。髪をポニーテールに結んで
メガネをかけており、なかなか品が良さそうだ。面接はパレードを担当している「演芸部」の部長が担当すると言い、
先方の用意した簡単な履歴書(アンケート用紙レベル)を記入した。

 面接は5分程度で終了し、翌日電話をかけると「2〜3日試用期間で様子を見て、本採用になったら給料は
月々1500元(約2万2500円)でどうだ」と提示され、「好的(=ハオダ、いいですよ)」と答えた。
あっけないほど簡単に採用されてしまった。

 明日の朝8時にここに来いという。

 園内は歩いて15分程度で一周でき、それほど広くはない。地図を片手に散策すると、さっそく
ビッグサンダー・マウンテン風の「鉱山小鎮」やスペース・マウンテン風の「星空過山車」など、
ディズニーランドを彷彿とさせるアトラクションをそこかしこで発見。客が少ないのですぐに乗れるのかと思いきや、
定員人数が集まらないと出発しないため、10分ほど待たされた。客が少なすぎて待たないといけないわけだ。

 散策を続けていると、どこからともなく大音量のクラブミュージックが聞こえてきた。音のする方に行ってみると、
ディズニーの七人の小人らしき着ぐるみが激しいダンスを踊っており、観衆が集まっていた。小規模ながらも、
園内でパレードをしていたのだ。(編集部注:2007年に内外の批判を浴びた)八景山遊楽園ほど
露骨ではなかったが、パクリ遊園地は健在だった。


(続きは記事元参照。全6ページ)

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe