>  > 


【Wi-Fi】次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi 6」に、「n」は「4」、「ac」は「5」に


2018/10/04 10:51

 無線LAN標準化団体のWi-Fi Allianceは10月3日(現地時間)、「IEEE 802.11ax」ベースの次世代Wi-Fiの名称を「Wi-Fi 6」とすると発表した。ユーザーがWi-Fi製品およびネットワークについて理解しやすくするための新たな命名アプローチの一環としている。

 2世代前までさかのぼって名称をつける。つまり、以下のようになる。

「802.11n」サポート製品およびサービス →「Wi-Fi 4」
「802.11ac」サポート製品およびサービス→「Wi-Fi 5」
「802.11ax」サポート製品およびサービス→「Wi-Fi 6」
 Wi-Fi Allianceのエドガー・フィゲロア社長兼CEOは発表文で、「ユーザーは20年近くの間、技術的な名称で自分の端末が最新のWi-Fiをサポートしているかどうか判断しなければならなかった」が、Wi-Fi 6と新しい命名方法で端末や接続サービスの世代を簡単に理解できるようになると語った。

 Wi-Fi Allianceは、アライアンスのメンバーだけでなく、広くOSや端末のメーカーに対し製品のスペックで新しい名称を使うよう推奨している。

 これが普及すると、スマートフォンでWi-Fiに接続している状態を示すアイコンに4、5、6の数字が付くようになる。外出先のWi-Fiスポットでも提供Wi-Fiの種類が分かる。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1810/04/yu_wifi1.jpg

 以下はメーカー側でカスタマイズするアイコンのサンプル。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1810/04/yu_wifi2.jpg

 また、Wi-Fi 6からはWi-Fi Allianceによる認証も「Wi-Fi CERTIFIED 6」になる。802.11nとacは従来のままだ。

 802.11axは、802.11acよりデータ転送速度が30%向上し、レイテンシを4分の1に抑えつつ、同じ周波数帯でのデータ容量を4倍にすることを目指した規格。Wi-Fi CERTIFIED 6認証は、2019年開始の見込みだ。

2018年10月04日 07時28分
www.itmedia.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe