> 


関西で「ハゲネタ」といえばこの人! 人気フリーアナ山本浩之さんをご存知ですか?


2017/09/13 10:41

文/佐々木博之(フリージャーナリスト)2017/9/11

 今年は豊田真由子議員の「このハゲ〜」発言で久々に“ハゲ”に注目が集まった年だ。これは'05年に起きた『耐震偽装事件』以来12年ぶりのこと。

 当時問題になった建物を設計した元一級建築士のA氏が逮捕された後、カツラを使用していることがわかり、事件そのものよりも話題になったのだった。

 一般的にはなにかとネガティブなイメージがある“ハゲ”だが、その頭を武器に活躍している人もいる。

 先日、初CM出演が決まった元関西テレビのアナウンサーで現在はフリーの山本浩之もそのひとりだ。

「'98年、山本は関西ローカルの番組に出演中に、かぶっていたカツラを取って、ハゲであることをカミングアウトしたんです。当時、全国ネットのワイドショーやスポーツ新聞にも取り上げられるほどの大反響となりました」(在阪テレビ局関係者)

 彼は元々、ニュースもバラエティーもこなせる実力派ハイブリッドアナとして評価が高かったが、それ以降はまるで“憑き物”が取れたかのように大躍進。特にバラエティーでは“ハゲネタ”を駆使し、お笑い芸人以上の笑いを取るようになった。

 そんな山本だけにネタともいえるハゲエピソードは数知れず。

カツラをかぶるようになったきっかけ

 そもそもカツラをかぶるようになったきっかけは、関西テレビのアナウンサーだった20代のころ。頭髪が薄くなり、周りから「若さがないなあ」と言われるのを見ていた先輩アナ・桑原征平に勧められたからだそう。

 ハゲを隠すことで自信がついたところまでは良かったが、逆にカツラに気を取られるようになり、取材中の集中力が欠けるようになったと山本は言う。

「国会中継に行って、議員のぶら下がり取材をしているときも、他社の記者たちとも揉みあいになっていますから、カツラがずれないか気になってしょうがないんです。でもそういうときに限って、後ろのテレビカメラが当たって、前にずれてしまい目の前が暗くなっちゃったり(笑)」(山本)

 また'94年に関西空港が開港するとき、中継に行くことになった山本は悩みに悩んだという。空港が作られた大阪湾は強風が吹き荒れるところ。中継中にカツラが飛んでしまったら大変なことになる。ヘアメークさんにそのことを告げると、彼女は、

「私に任せてください!」

 と言って、どんな風にも負けることのないヘアスタイルにしてくれた。しかし局に戻ってくると上司から、

「風でみんな髪が乱れてるのに、自分だけカチっとしとるのはなんか不自然やないかぁ」

 と嫌味を言われたという。

 彼は現在PHK(POSITIVE HAGE NO KAI)の会長としても活動、また自身の個人事務所PHカンパニーのPHもPOSITIVE HAGEの頭文字など“ハゲ”をふんだんに活かし、関西では押しも押されもせぬ超人気アナウンサーとなっている。

 その証拠に、今回イメージキャラクターを務める新商品『麺名人 つるつるうどん』はCMの放送開始後に注文が殺到、

「1か月の出荷予定数が4日で“ハケ”てしまいました(笑)」(山本)

 とのこと。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
www.jprime.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe