> 


ギネス認定の「のっぽ猫」と「しっぽの長い猫」、火災で犠牲か 米


2017/11/14 17:42

2017年11月14日 12:13 発信地:シカゴ/米国
(写真)
規制線(2015年8月26日撮影)。(c)AFP/Robert MacPherson


【11月14日 AFP】米デトロイト郊外の住宅で12日朝、火災があり、ギネス世界記録(Guinness World Records)に「世界一体の長い猫」
「世界一しっぽの長い猫」と認定されている猫2匹が行方不明になっている。13日になっても2匹は見つかっておらず、焼け死んだ恐れが出ている。

 行方が分からなくなっているのは体長53.6センチのサバンナキャットの「アークチュラス(Arcturus)」(2歳半)
としっぽの長さが44.5センチあるメインクーンの「シグナス(Cygnus)」。いずれも雄で、ギネスに登録されて一躍有名になった。

 飼い主のウィル・パワーズ(Will Powers)とローレン(Lauren Powers)さん夫妻はまだ望みを捨てていないが、最悪の事態を恐れてもいる。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

www.afpbb.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe