>  > 


【東京】天皇家の資産はどれくらい? 皇居の不動産価値は3300億円[09/19]


2018/09/21 23:06

Smart FLASH 2018.09.19
smart-flash.jp
https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2018/09/18194945/kousitu_toti_1.jpg
https://data.smart-flash.jp/wp-content/uploads/2018/09/18194946/kousitu_toti_2.jpg

 2019年4月30日、ついに平成が終わる。皇位とともに巨額な「資産」が動く。現金、不動産、金融資産、由緒物……巨大な「財布」の中身を大解剖し、気になる “天皇家の懐ろ事情” に迫る!

                 ※

 戦前の天皇家は、「日本一の地主」だった。皇居などの住居、鴨場や陵墓、御料林を加えた保有土地面積は、長野県ほどの規模だった。

 だが、太平洋戦争終戦後、それらはすべて国に移管された。表は、皇室に供するために国が管理する「皇室用財産」の不動産。その総額は、約6200億円にのぼる。国有財産総額の106兆円の0.6%ほどに相当する金額である。

 これがもし、まったくの更地として、不動産市場に売りに出たのなら、どれほどの価値があるのか。

 本誌は、経済評論家・平野和之氏に、都内一等地にある4カ所の皇室用財産について予想してもらった。平野氏はこう解説する。

「周辺の土地価格や路線価をもとに試算すると、4カ所合わせて約5兆円の値がつくでしょう。さらに、面積の広い皇居を開発しようとすれば、鉄道などのインフラを整備する需要が生じます。商業施設やマンションの建設が進めば、10兆円を優に超える経済効果が見込まれます」

 値段以上の価値を秘めているのだ。

(週刊FLASH 2018年9月4日号)

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe