>  > 


【栃木】 その数346人、超多い栃木「大使」 期限なく県外でも[05/16]


2018/05/16 15:17

常松鉄雄2018年5月16日15時04分
(画像)
関東各都県をPRする「大使」


 都道府県が地元ゆかりのタレントらを起用し、観光PRに一役買ってもらう「大使」。県が委嘱する「とちぎ未来大使」はその数が346に上り、関東ではダントツの1位だ。なぜ、こんなに多いのか。(常松鉄雄)

 宇都宮市中央卸売市場の仲卸業者を描いた漫画「八百森のエリー」を大手コミック誌に連載している漫画家の仔鹿(こじか)リナさん(43)が先月23日、「とちぎ未来大使」の委嘱を受けた。
 県庁で福田富一知事から大型の名刺を手渡された仔鹿さん。夫が市場で働いており、作品には県産のイチゴなども登場している。
仔鹿さんは「漫画を続けることが一番のPRになると思っている」と抱負を語った。大使の委嘱は4月で346件になった。
 県とちぎブランド戦略室によると、とちぎ未来大使の制度は2009年4月から始まった。県出身者や県ゆかりの人に、栃木を気軽にPRしてもらうのが目的だ。
活動では県が作った未来大使の名刺を、あちこちで配ってもらうことが多いという。年に一度、継続の意向は確認するが、期限は決まっていない。
 県にはもともと「とちぎ特使」(01年度開始)と、「とちぎ応援団」(06年度開始)の二つの制度があったが、類似していたため統合して未来大使にした。
未来大使はタレントのほか芸術、音楽、財界など様々な分野の人に委嘱。「県に愛着があり、PRしてもらえる人」と対象も幅広い。
www.asahi.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe