>  > 


【滋賀】第1期の市営団地が完成 東近江市営新大森団地[10/21]


2018/10/24 23:45

竣工式で式辞を述べる小椋市長
http://www.shigahochi.co.jp/image/23df5aa4e4bc635a5c1b0dc30e3ac17c.jpeg
県営大森団地と市営新大森団地改築工事の完成予想図。左側から2棟目が今回竣工した市営団地1号棟。右隣りの県営団地1号棟は2016年度に完成している。左端の市営団地、右端の県営団地は2021年度末までに完成予定。
http://www.shigahochi.co.jp/image/ee5ffce5d284be520f879a12ae8b561c.jpeg

=安全で快適な生活に配慮 県市連携による改築事業=

 【東近江】 東近江市の市営新大森団地(尻無町)の第1期改築工事の竣工式が18日行われ、同市や市議会、工事関係者ら約40人が完成を祝った。

 市営新大森団地の改築工事は、旧市営住宅の老朽化に伴うもので、昨年10月に着工、総事業費約5億5千万円を投じて、このほど完成した。

 構造は、鉄筋コンクリート造り5階建てで、延べ床面積約2千平方メートル、30戸が入る。太陽光発電を共用部分の電力に充てて維持管理費の軽減を図り、段差や手すりのバリアフリー化により入居者の安全で快適な生活に配慮した。

 改築事業は、隣接する県営団地と連携して実施されているもので、すでに県営団地1号棟(30戸)は2016年度に完成しており、さらに2021年度末までに県営団地(同)と市営団地(同)が1棟ずつ建設される。

 小椋正清市長は式辞で、「県営住宅と市営住宅の垣根を乗り越え、高齢者や子育て世代が安心して暮らしてもらうことで、活力ある地域コミュニティが築かれることを心から願うとともに、市民生活と社会福祉の増進に取り組んでいきたい」と述べた。

滋賀報知新聞 2018年10月21日(日)
www.shigahochi.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe