> 


盛岡で「地域防災リーダー」養成講座 全単位履修者に「地域防災リーダー認定証」


2018/09/27 17:13

学ぶ・知る 2018.09.27

 「盛岡市地域防災リーダー養成講座」が10月12日・13日、盛岡中央消防署(盛岡市盛岡駅西通1)で行われる。
 市ではこれまで、町内会長など各地域のリーダーを対象に防災に関する研修を毎年行っていたが、一般市民が広く参加し、災害や防災の知識を身に付ける講座ができないかと考えてきたという。こうした流れから、盛岡市の居住者と市内に勤務している人を対象に、
盛岡地域に特化した内容の同講座を今年スタート。地域で防災活動を行うために必要な知識の講習を受けることで、受講者がそれぞれリーダーとして災害時に各地域で活躍することを目指す。

 講座では地震や洪水、風水害、火山噴火など市内で起こりうる災害に関する内容に加え、市が行っている災害への対策、災害時の避難行動、危機管理などについて学ぶ。講座は12科目を全4単位に分けて1日2単位ずつ実施し、一部のみ受講も可能。
受講できなかった単位は次回の開催時に受講することもでき、全て課程を受講した人には「盛岡市地域防災リーダー認定証」を交付する。
 市危機管理防災課消防対策室室長の中野聡範さんは「今年は全国的に自然災害が続いている。災害はいつでも発生しうるもの。どこで遭遇するかも予測もできない。大規模災害に対する意識を高めてもらいたい」と話し、
「知識を身に付けておくことで災害時に冷静な対応ができる。地域の生活や命を守ることはもちろん、自分自身の身を守ることにもつながる。まずは気軽に足を運んでみてほしい」と呼び掛ける。
 受講無料。要事前申し込み。定員は300人。申し込み・問い合わせは消防対策室morioka.keizai.biz
まで。申し込み締め切りは10月10日。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe