> 


ギョーザ購入額、浜松が2年ぶり首位 宇都宮を逆転 2019/02/08


2019/02/08 18:54

02/08 12:01 更新
ギョーザの2018年の世帯当たり購入額で2年ぶりに日本一を奪還したことを喜ぶ浜松市の職員=8日午前、浜松市役所
www.hokkaido-np.co.jp

 ギョーザの2018年の世帯当たり購入額で、浜松市が2年ぶりに日本一を奪還したことが8日、総務省家計調査で分かった。浜松市は16年まで3年連続で購入額が日本一だったが、17年は常に首位争いを繰り広げる宇都宮市がトップだった。

 18年1〜12月の家計調査を浜松市が集計した結果、全国の県庁所在地と政令指定都市の1世帯当たりの購入額は、浜松市が3501円、宇都宮市が3241円、宮崎市が3106円、京都市が2989円だった。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe