> 


兵庫県内の「暴力団勢力」 初の千人割れ 2019/03/28


2019/03/28 18:39

時計2019/3/28 13:15神戸新聞NEXT

 全国の暴力団の構成員と準構成員を合わせた「暴力団勢力」が、2018年末時点で前年より約4千人少ない約3万500人となり、過去最少を更新したことが28日、警察庁の集計で分かった。山口組、神戸山口組、任侠山口組の3指定暴力団が本拠地を置く兵庫県でも、約990人(前年比130人減)となり、初めて千人を割り込んだ。

 全国の団体別勢力は、山口組が9500人と最多。15年に分裂した神戸山口組が3400人、神戸山口組から派生した任侠山口組は770人だった。

 一方、県内では、主に阪神間の団体が神戸山口組を結成したため、神戸山口組が最多の約600人となっており、全国との逆転状態が続く。山口組は150人で、任侠山口組は130人。構成員数のみでみると、暴力団対策法が施行された1992年時点の2270人から、4分の1以下の520人にまで減少した。

 15年の分裂騒動以降、三つどもえの抗争状態が続く3団体のうち、山口組と神戸山口組の抗争で襲撃などの事件は18年中に全国で6件発生し、4件が摘発された。10月には、神戸市長田区でも神戸山口組系組員による発砲事件があった。

 県警組織犯罪対策課によると、暴力団排除の機運向上や取り締まり強化の成果が出ている一方、摘発を逃れるため暴力団関係者の活動が潜在化する恐れもあるという。同課は「三つの山口組の分裂状態は続いており、油断はできない」としている。

www.kobe-np.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe