>  >  > 


【サッカー/実況LIVE】〈現在試合中〉川崎Fは引き分け以下でも優勝の可能性。勝てば連覇決定…7クラブが絡むACL争いの行方は?


2018/11/10 14:13

明治安田生命J1リーグは10日に第32節の8試合が開催。31節を終えて優勝争いは川崎フロンターレとサンフレッチェ広島の2チームに絞られた。さらに、激化するACL出場権争いもいよいよ佳境を迎えている。今回は優勝条件とACL争いのこれからを展望する。

■順位表(11月6日時点)
1位:川崎フロンターレ(63・28)残り3試合
2位:サンフレッチェ広島(56・14)残り3試合
3位:鹿島アントラーズ(52・8)残り2試合
4位:北海道コンサドーレ札幌(51・-1)残り3試合
5位:FC東京(49・8)残り3試合
6位:浦和レッズ(45・11)残り3試合
7位:清水エスパルス(44・6)残り3試合
8位:セレッソ大阪(44・2)残り3試合

編集部のおすすめ
プルゼニMFを“ひじ打ち”で病院送りにしたS・ラモス「偶然だ。同業者をケガさせる意図など決してない」
3年目のペップとモウリーニョ、的確な補強をしているのはどっち?獲得選手を10点満点で徹底査定
森保監督の未来戦略。日本代表、U-21代表メンバー発表から見えるもの
アリソン、プレミアタイトルへの挑戦…そして、彼が思う現役最高GKの名前は?/独占インタビュー
※カッコ内は勝ち点と得失点差

■川崎Fは勝てば文句なしの連覇決定
川崎Fは前節、ホームで柏レイソルに3-0で快勝。リーグ戦7試合無敗とし、3ポイントを積み上げた。一方で2位・広島はジュビロ磐田に2-3で敗戦。2点を先行しながらも、その後3ゴールを奪われ、痛恨の逆転負けを喫した。

両者の勝ち点差は4であったが、31節を終了してその差は7に開いた。川崎Fは今節、C大阪とアウェイで対戦。この試合で勝利すれば、広島の結果に関係なくリーグ連覇が決定する。引き分けた場合でも、広島が引き分け以下に終われば、優勝が決まる。さらに、敗れた場合でも広島が敗れるとその時点で優勝を手にする。

2015シーズン以来、3季ぶりの優勝を目指す広島は厳しい状況となった。現在2位に位置するものの、リーグ戦ここ6試合で勝利がなく、4連敗中だ。振り返れば鹿島と札幌の足音が聞こえ始めており、残り3試合でも勝ち星を奪えないとついには、ACL圏外に転落する可能性もある。

広島は今節、10位のベガルタ仙台とホームで対戦。24日の第33節では残留を争う名古屋グランパスと、12月1日の最終節は札幌とのゲームが控える。一方の川崎FはC大阪戦後、24日にFC東京との多摩川クラシコ、12月1日の最終節では磐田と対戦する。

■ACL出場権争いは広島を含めた7クラブの争いに

今季のACL出場権争いは、中位クラブも巻き込んだ熾烈な戦いとなっていたが、残り3試合となり、可能性のあるクラブが絞られてきた。

来季のACL出場権獲得を確定しているのは首位の川崎Fのみ。2位・広島以下は未だ確定できていない。広島は4位・札幌と勝ち点5差が開いているが、最終節には直接対決が控える。札幌にとっては“シックスポインター”のゲームとなる可能性があるだけに、最終節まで目が離せない。

残り3節となり、3位以内に入る可能性があるのは8位・C大阪まで。7クラブが残り2枠を争う形となった。しかし、7位・清水と8位・C大阪は3位・鹿島(1試合消化が多い)と8ポイント差が開いていることを考えると、3位滑り込みは厳しい状況にある。

6位・浦和は鹿島と7差開いているが、今節に札幌と、最終節に5位・FC東京との直接対決が控えており、まだわからない。

4位・札幌と、5位・FC東京は、仮に今節勝利すれば鹿島を超えることができる。今節の結果云々ではさらに形勢が一変する可能性がある。白熱のACL争いも、優勝争いと共に注目したいところだ。

続きはソースで

www.goal.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe