>  > 


【サッカー】暫定監督のパラグアイ代表 代表メンバーは約3分の1が入れ替わっており、全選手での練習は5日間のみ


2018/06/12 09:39

 パラグアイは今回のワールドカップ(W杯)南米予選で、7勝3分8敗の7位で敗退。同国史上初の8強に進出した10年南アフリカ大会以来、2大会ぶり9回目の本大会出場を逃した。その後、代表メンバーは約3分の1が入れ替わっており、4年後のW杯を見据えたスタートをすでに切っている。

 3月に行われたアメリカとの親善試合は0-1で敗戦。今回のメンバーは20人中11人が国外組で、FWデルリス・ゴンザレス(ディナモ・キエフ)、MFリチャルド・オルティス(オリンピア)、MFオスカル・ロメロ(上海申花)、DFグスタボ・ゴメス(ACミラン)、DFブルーノ・バルデス(クラブ・アメリカ)らが選出。日本戦が今年2試合目の国際試合となる。

パラグアイ協会は次期監督を選定中

 モリンゴ監督は現役時代はMFで、02年の日韓W杯に出場。U-20パラグアイ代表監督などを経て、昨年までU-17パラグアイ代表を指揮。昨年マリで行われたU-17W杯ではチームをベスト16に導いている。

 今年1月、かつてガンバ大阪でも右サイドバックとしてプレーしたフランシスコ・アルセ前監督の後を受け、W杯前までの暫定監督としてA代表の指揮官に就任。現在、パラグアイサッカー協会は次期監督を選定中で、来年開催される南米選手権や次回のW杯南米予選は新監督の下で戦う予定だ。
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe