>  > 


【サッカー】2026年W杯、北中米3カ国共催へ 13日に決定の見込み


2018/06/13 11:14

[モスクワ 12日 ロイター] - サッカーの2026年ワールドカップ(W杯)は米国、メキシコ、カナダの3カ国共催になる見込みだ。13日にモスクワで行われる国際サッカー連盟(FIFA)の総会で行われる各加盟協会の投票により決定するとみられる。

同大会では出場枠が現在の32カ国から、48カ国に拡大することが決定している。最終候補には、モロッコと北中米3カ国共催が残った。

13日の総会では、ともに15分間の最後のプレゼンテーションの機会が与えられるが、北中米3カ国共催案は大勢の観客が収容可能なスタジアムが既に整っていることなどから、多くの票を得ると見込まれている。

メキシコは1970年と86年、米国は94年にW杯を開催したことがあり、カナダは女子W杯を2015年に開催した実績がある。

headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe