>  > 


【サッカー】ジャカ&エジル弾でアーセナルが3連勝!ニューカッスル武藤は途中出場も得点絡めず


2018/09/16 01:31

9.15 プレミアリーグ第5節 ニューカッスル1-2アーセナル]

 プレミアリーグは15日、第5節を行った。アーセナルは敵地でFW武藤嘉紀の所属するニューカッスルと対戦し、2-1で競り勝った。ベンチスタートの武藤は後半34分から途中出場した。 

 前節カーディフに3-2で競り勝ち、開幕2連敗から2連勝としたアーセナル。20日にUEFAヨーロッパリーグ(EL)のボルスクラ・ポルタバ戦を控える中、カーディフ戦と同じ11人を送り込んだ。対するニューカッスルは、マンチェスター・シティ戦(1-2)から4人を入れ替え、FWホセルとMFマット・リッチー、MFジェイコブ・マーフィー、MFアイザック・ヘイデンを起用した。

 前半はスコアレスに終わった。アーセナルはボールポゼッション率65.2%で主導権を握ったが、シュート2本となかなかチャンスを作ることができなかった。一方、守備ではCKを7本も与えてしまうなど、ニューカッスルの攻撃を受ける時間帯もあった。

 それでもアーセナルは後半開始からMFマテオ・グエンドゥジに代え、MFルーカス・トレイラを投入すると、4分に先制に成功する。トレイラの縦パスを受けたFWピエール・エメリク・オーバメヤンが倒され、ほぼゴール正面の絶好の位置でFKを獲得。これをキッカーのMFグラニト・ジャカが左足を振り抜き、鋭く落ちるシュートをゴール右に突き刺し、スコアを動かした。

 さらにアーセナルは後半13分、左サイドのスペースでDFナチョ・モンレアルのパスを受けたジャカがマイナスに折り返し、FWアレクサンドル・ラカゼットが右足シュート。相手に当たってこぼれたボールをMFメスト・エジルが左足インサイドキックで流し込み、2-0とした。

 ニューカッスルは後半34分に最後の交代カードで武藤を投入。43分、武藤のサイドチェンジからFWアジョセ・ペレスが上げたクロスをホセルが頭で合わせるが、クロスバーの上に外れる。

 それでもニューカッスルは後半アディショナルタイム1分、右サイドからDFフェデリコ・フェルナンデスが上げたクロスをDFシャラン・クラークが頭で合わせて1-2。だが、反撃もここまで。アーセナルが2-1で競り勝ち、3連勝でELに弾みをつけた。

headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe