>  > 


【サッカー】<Jリーグ/J1残留争い>残り8節!勝点“30未満”の下位5チームで最も苦戦を強いられそうなのは?


2018/09/17 07:10

勝点“30未満”の下位5チームの今後の試合日程
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180917-00047376-sdigestw-000-5-view.jpg
最下位の長崎は、今回取り上げた5チーム中でホームゲームが最多の5試合。サポーターの熱い声援を背に“大逆転”を起こせるか。


再注目は柏対G大阪の最終節での直接対決か


シーズンも佳境を迎えようとしているなか、優勝争い、来季のACL出場権獲得争い、そして残留争いと、それぞれの熾烈なバトルの構図も明確になりつつある。
 
 ここでは、例年に比べて混戦模様の残留争いを取り上げ、残り8節の時点で勝点が“30未満”の下位5チームの今後のスケジュールを見ながら、終盤戦の展開を占ってみる。
 
 最も厳しい戦いを強いられそうなのが、14位の横浜だ。G大阪(30節)、長崎(32節)、鳥栖(33節)と、残留争いのライバルたちとの直接対決はハードな戦いが予想されることはもちろん、現時点で“勝点40以上”の上位陣(広島、川崎、FC東京、仙台、札幌、C大阪の6チーム)との対戦が、今回の5チームの中では最も多い4試合も控えているのだ。
 
 首位・広島とのゲームがないとはいえ、仙台(28節)、札幌(29節)、FC東京(31節)、C大阪(34節)など手強い相手からどれだけ勝点を積み上げられるか。救いは、この4試合はすべてホームで戦えること。地の利を活かしてひとつでも多くの勝利を手にしたい。
 
 一方、比較的ポジティブな要素を見出せるのが、15位の鳥栖か。上位陣との対戦はわずか2つで、しかも広島、川崎、FC東京の「トップ3」とのゲームが残されていないのは悪くない。もっとも、アウェーの試合が8試合中5試合とやや多いのが気になるところだが……。
 
 逆にホームゲームが5試合残されているのが、最下位の長崎だ。本拠地で戦える仙台(27節)、川崎(28節)との2試合で良い流れを作れれば、“大逆転”の可能性が膨らむ。26節は好調・名古屋の連勝を止める快心の勝利を収めているだけに、勢いはあるはずだ。
 
 16位の柏は目下2連敗中で、17位のG大阪は2連勝中と、好対照の2チームの今後を展望すれば、広島(29節)、川崎(31節)とのアウェーゲームが残されている前者がやや不利か。ただ、柏とG大阪は最終節で直接対決となるだけに、ラストに劇的なドラマが待っているかもしれない。直接対決で言えば、鳥栖対横浜、G大阪対長崎が予定されている33節も注目必至だ。

9/17(月) 6:00 サッカーダイジェスト
headlines.yahoo.co.jp


9/17(月) 6:00配信

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe