>  > 


【サッカー】<シャビ>「4-5-1のフォーメーションにセットアップしているチームは僕を退屈させる「見ていて楽しい」チームは?


2018/11/06 06:21

 元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)は、かつてバルセロナで同MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)とともに抜群のパスワークで黄金期の礎を担った。その先鋭化させた哲学はたびたびコメントに現れるが、スペイン紙「AS」によるとカタルーニャのラジオ番組「トット・コスタ」に出演し、「ほとんどのサッカーは単調だ」と語ったという。では稀代の司令塔のお眼鏡にかなうチームはどこなのか――。

【動画】「彼こそがバルサを変えた」 スペインの名FWも感服する“天才”ロナウジーニョの閃き

「僕はテレビで見ているフットボールについて、飽き飽きしているところがある。多くのチームは後ろに重く、単調なフットボールをしているんだから。4-5-1のフォーメーションにセットアップしているチームは僕を退屈させる。彼らはボールを必要としないからね」

 バルサやスペイン代表で「ティキ・タカ」と表現されたポゼッション至上主義を極めたシャビは、相変わらずブレない。「もし僕が監督をやりたいと思った時、やったことがないことをやってみてもいいと思う」と、既成概念にとらわれないスタイルを目指したいと話している。

 そんなシャビだが、注目に値するチームも存在するようだ。

「僕は(エドゥアルド・)ベリッソが率いるアスレティック・ビルバオが好きだよ。彼らは頭でっかちに考えすぎず、強度の高いプレーをしている。彼らの戦術的なアプローチは僕のチームとはマッチしないけどね。僕が好きなのは、キケ・セティエンが率いるベティスで、彼らは新たなことにトライしていて、見ていても楽しいからね。あとグアルディオラは注目している監督だよ。シティも楽しんで見ている」

 バルサ時代に師弟関係だったペップ・グアルディオラ監督のマンチェスター・シティはもちろん、MF乾貴士が所属するベティスもセティエン監督の下でボールを握り続けるスタイルを特化している。サッカーはボールを扱ってこそというシャビらしいセレクションと言えるだろう。

11/5(月) 7:10配信
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe