>  > 


【サッカー】<日本1−0オマーン|採点&寸評>MOMは決勝弾の原口元気!一方、決定機をモノにできなかった南野、CF抜擢の北川は…


2019/01/14 00:53

kruf468c.user.webaccel.jp

[アジアカップ・グループリーグ第2戦]日本 1-0 オマーン/1月13日/ザイード・スポーツシティ・スタジアム
 
【日本代表・総評】

微妙な判定でPKを手にして先制に成功。その後はキッチリとゲームを締めた。2連勝で決勝トーナメントに進めた点は評価したいが、諸手をあげて喜べる内容ではなかった。
 
【個人採点・寸評】
GK
12 権田修一 6
シュートセーブするシーンは限られ、無失点で試合を終えた。最後まで集中を切らさなかった。
 
DF
5 長友佑都 6
前半から果敢な攻撃参加を見せた。ただクロス精度をやや欠き、同サイドの原口と息が合わなかったシーンがあったのは課題。相手がハンドと主張した前半終了間際のシュートブロックはヒヤッとした。

16 冨安健洋 6
初戦はボランチでプレーしたが、この日はCBで先発。得意のフィードで攻撃をサポートした。前半にハイボールを“かぶって”しまう場面があり、オマーンに付け入るスキを与えた点は修正が必要も、後半は空中戦の強さを示した。
 
19 酒井宏樹 6
粘り強いディフェンスで右サイドを守った。ただし、13分に深い位置でFKを取られたファウルは不要だった。
 
22 吉田麻也 6
20分には決定機を作られるも、それ以外の時間帯は低いポジションを取りながら相手のカウンターに対応。後半はゴール前の高い壁としてオマーンの攻撃を阻んだ。後半アディショナルタイムの相手のクロスも間一髪でクリアした。

MF
6 遠藤 航 6
今大会初登場。発熱で合流が遅れただけにコンディションが心配されるも、エネルギッシュに走った。やや落ち着かない時間帯もあったが、23分には南野にスルーパスを通すなど攻撃にも顔を出し、中盤のボールの奪い合いでもよく戦った。
 
7 柴崎 岳 6
相棒の遠藤が攻守に動き回った分、この日は中盤の底でチームをコントロール。初戦のようにパスを引っ掛けられるシーンは少なく、落ち着いて味方にボールを供給した。
 
8 原口元気 7
MAN OF THE MATCH
開始早々には堂安のクロスに飛び込むも、シュートはバーに弾かれた。その後は危険な位置でボールを失いかけたシーンもあったが、25分にこぼれ球に素早く反応してPKを獲得!自ら決めて決勝弾をマークした。

21 堂安 律 5.5(84分OUT)
DFの股を抜いて相手のエリア内に侵入した開始直後のドリブル突破に代表されるように、前半はチャンスを演出。対して後半は守備に気を使いすぎたか、攻撃面では消えている時間が長かった。

FW
9 南野拓実 5
不完全燃焼に終わった初戦の悔しさをぶつけるように力強いプレーを披露。ただ、7分、11分、23分、25分と立て続けに迎えたチャンスを決められなかったのはアタッカーとして痛い。PKにつながるシュート、試合終了間際の突破など動きは悪くなかったが……。

11 北川航也 4.5(56分OUT)
右臀部を痛めた大迫に代わってスタメンを任される。しかし、なかなかボールに絡めず。苦しい内容のまま、56分にピッチを退いた。

交代出場
FW
13 武藤嘉紀 5(56分 IN)
後半の早い時間に投入される。攻撃にリズムをもたらしたかったものの、パスがズレるなど起爆剤になれなかった。
 
MF
14 伊東純也 ―(84分 IN)
終盤にピッチへ。直後に自慢のスピードで右サイドの突破を狙うも、クロスは上げられず。89分のシュートもGKに防がれた。
 
監督
森保 一 5.5
初戦からふたりを入れ替えて臨む。トルクメニスタン戦で露呈したカウンターのケアには改善の兆候はあったが、まだまだチームを成長させる必要があるだろう。北川の先発起用、武藤の後半途中からの投入は効果が薄かった。

2019年01月14日 サッカーダイジェスト
www.soccerdigestweb.com


【サッカー】<どこよりも早い採点>オマーン戦、勝利も厳しい採点しかできない内容に。“大迫の代役”も見つからず
hayabusa9.5ch.net

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe