>  > 


【スポーツ】<野球関係者もショック?> 24年パリ五輪で“ゲーム"が公式種目へ...


2019/05/13 22:29

世界の野球ファンの敵は「空想の世界」にいるようだ。

東京五輪・パラリンピックのチケット販売の抽選申し込みが始まり、「野球競技の売れ行きが良い」という。地方球場での開催、チケットの高額設定などの不安要素もあったが、野球・ソフトボールを追加種目に加えた目的はここにある。日本人は、やはり野球が好きなのだ。

「野球をオリンピック競技に復活させるため、プロ野球、アマチュア野球の各団体が一丸となってPR活動を行ってきました。目標は2つ。東京五輪の追加種目に選ばれること、そして、正式な五輪競技に復活させることです。東京大会の次のパリ五輪はともかく、次々のアメリカ・ロス大会で再復活を目指すしかありません」(スポーツ紙記者)

野球競技を次回のパリ五輪に継続できない理由は、世界的に見て、競技者人口と観戦者人口が増えていないからだ。そんな悲観的な実情に追い打ちを掛けるような情報も飛び込んできた。パリ五輪は「eスポーツ」を正式種目として新たに採用する方向で、すでに動き始めているのだ。

「eスポーツ」とは、エレクトロニック・スポーツの略称で、手っ取り早く言えば、テレビゲームのこと。日本はゲーム大国だが、欧米ではオンライン対戦ゲームがさらに普及していて、世界大会が何度も開催されている。しかも、優勝賞金1,120万ドル(約13億円)なんて大会もあり、プロとして活動しているゲーマーもいる。

「eスポーツは世界規模でネット観戦されており、一昨年時点で3億3500万人がカウントされました。競技者人口は1億人を超え、市場規模としては6億5500万ドル(約740億円)以上です」(国内ゲームソフト会社プログラマー)

アサ芸Biz 2019年5月13日 10:00 0
www.excite.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe