>  > 


【テレビ】紅白の司会発表 タモリ“拒否”NHK3年越しで狙っていたが


2018/11/10 19:09

平成最後のNHK大みそかの「紅白歌合戦」の司会者が9日、発表され、総合司会は昨年に続き「ウッチャンナンチャン」内村光良(54)と桑子真帆アナウンサー(31)で、白組は「嵐」の櫻井翔(36)、紅組は広瀬すず(20)となった。舞台裏ではタモリ(73)という超大物もリストアップされ、3年越しのステージ登場という演出を企画していたが実現はしなかった。

 2年連続の総合司会となった内村は「二度とないことだと思っていたので本当に驚いています。『平成最後の紅白はああだったな』と、ずっと記憶に残るような、そんな“歌合戦”を皆さんと一緒に目指したいと思います。今年は何回早着替えをするのか楽しみです。そして、私を再び推薦してくださったNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」とコメントを発表した。

「三津谷寛治」とは、内村が座長を務め、NHKで2012年に始まったコント番組「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」に登場する内村演じるキャラクターだ。

「昨年は紅白と『LIFE!』がコラボした演出、そして内村の司会ぶりは、近年でもまれに見るほど局内外で好評だった。そのため、2年連続でも何の不思議もないのだが…」とNHK関係者。

 唯一の“懸念材料”は演出のマンネリだった。

 好評だったとはいえ、2年連続で内村の総合司会、「LIFE!」とコラボとなると、どうしても「去年と同じ」というイメージを持たれてしまうのは否めない。そこで内村をリストアップすると同時に、舞台裏では大物・タモリの総合司会の道を探っていたという。

音楽関係者は「NHKにとって、タモリの総合司会は念願です。2016年の紅白で、タモリはマツコ・デラックスとともにスペシャルゲストとして登場するも、NHKホール内をさまよっただけで、ステージには一度も上がらなかった。今年は2人に総合司会として3年越しのステージ登場というのを目指していた。だけど、タモリサイドから色よい返事をもらえなかったとか」とタモリ側から“拒否”されていたことを明かした。

www.tokyo-sports.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe