>  > 


【バスケ】ハーフライン後方からシュートを決める!賛否両論の超高校級シューター、富永啓生は和製カリーになれるか。


2019/01/14 15:03

 今年度の全国高等学校バスケットボール選手権(通称「ウインターカップ」)の主役は、間違いなく彼だった。

 富永啓生(けいせい)。愛知・桜丘高校3年生のサウスポーシューターだ。

 初めて出場したウインターカップで、男女を通じた得点王になった。6試合で獲得した239点(1試合平均39.8点)は、次点を63点も引き離しダントツの1位。3ポイントシュート成功数(30本)、フリースロー成功数(35本)でも大会ナンバー1の成績を挙げた。

 数字だけでもすごいが、プレーを実際に見るとさらにすごい。とにかく3ポイントシュートを打ちまくる。3ポイントラインからどれだけ離れていようが、どれだけベタ付きで守られようが、パスをもらったら即シュート。そして、そのシュートが思わず笑ってしまうくらい決まる。

 準決勝の福岡第一高校戦は、大会屈指のディフェンスチームを相手にしながら、前半だけで31得点(3ポイント7本)。3位決定戦の帝京長岡高校戦では、第1クォーター終了間際にハーフライン後方からシュートを決め、会場をどよめかせた。試合後に聞くと、「打った瞬間に入ると思いました」とにこやかに回答。天性のシュートセンスで観客を魅了した。

“自己中”という批判も。

 一方で、「プレーが自己中心的すぎる」「1人でシュートを打ちすぎ」といった批判的な意見も少なくなかった。これについては後ほど触れるとして、総じて好意的に語られることの多い高校バスケ選手で、賛否が取りざたされるのは非常に珍しい。そういったエンターテイメント性も含めて、彼を今大会の“主役”として挙げた次第である。

 以前寄稿した記事でも触れたが、富永は日本人2人目のNBAプレーヤーとなった渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ/メンフィス・ハッスル)と同様に、遅咲きの選手だ。

 1月6日、富永は自身のインスタグラムにこう投稿した。

「色々噂があるようですが、アメリカの大学に進学しようと思っています」

 ウインターカップ中、進路に関する質問に曖昧な返答をする様子を見て「もしや」とは思っていた。観客だけでなく指導者たちをも魅了する稀代のシューターは、新しい挑戦の舞台を海の先に見据えているようだ。夢はNBAプレーヤーと話し、アジア選手権でも評価を得た彼が選ぶ道としては妥当だろう。

 現在185cm。3年間で15cm以上伸びた身長は、まだ少しずつ伸びているという。手足が長く、軽々ダンクできる身体能力があり、NBAでも希少な左利き。本人が思い描くとおり身長が190cmの大台に乗れば、素質的には日本人初のNBAシューター誕生に大いに期待できる。

 もちろん、本人の努力は大前提。「筋肉痛が嫌いで……」と敬遠するフィジカルトレーニングやディフェンスにも、本気で取り組めるか。

 最初で最後のウインターカップを、良くも悪くも盛大に沸かせた富永。本来であれば報道や学校を通じて発表されるだろう進路をまさかのインスタグラムで報告し(おとがめがないか、他人事ながら心配だ)、颯爽と日本を飛び出そうとしている。

 その嵐のようなスケール感も、何とも彼らしいと感じている。

全文は:number.bunshun.jp

ハーフライン後方からシュートを決める!
youtu.be

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe