>  > 


【フィギュアスケート】羽生結弦、今季世界最高得点でSP首位 田中刑事7位 GPS第3戦フィンランド大会・男子SP


2018/11/03 21:25

羽生結弦、SPで今季世界最高106・69点で首位!今季GPシリーズ初戦
11/3(土) 21:04配信

フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、フィンランド大会の男子ショートプログラム(SP)が3日、
ヘルシンキで行われ、今季GPシリーズ初戦となる羽生結弦(23=ANA)が9番滑走(最終組4番手)で出場。
106・69点を記録し、今季初戦だった9月のオータム・クラシックの97・74点を大幅に上回り、
ルール変更後の自己ベストを更新、堂々の首位発進をした。

106・69点は、9月に宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が
ロンバルディア杯でマークした104・15点を抜き、今季世界最高得点。

SPは「秋によせて」の曲に乗って滑走。4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半)、
4回転―3回転の連続トーループの3つのジャンプに挑み、連続ジャンプで着氷が乱れたものの持ち堪えた。

今回のGPシリーズは中国が開催を返上したため、急きょフィンランドで初開催となった。
ジュニア時代に初めて国際大会に出場し、17年の世界選手権で優勝した思い出の地で好発進した。

2位にはミハル・ブレジナ(チェコ)で93・31点、3位に金博洋(中国)が85・97点、
田中刑事(倉敷倉敷芸術科学大大学院)は7位で80・60点だった。

11/3(土) 21:04配信 スポニチアネックス
headlines.yahoo.co.jp
2018-19 フィンランド大会・男子SP
sports.yahoo.co.jp

1 Yuzuru HANYU  JPN  106.69
2 Michal BREZINA  CZE  93.31
3 Boyang JIN  CHN  85.97
4 Junhwan CHA  KOR  82.82
5 Andrei LAZUKIN  RUS  82.54
6 Mikhail KOLYADA  RUS  81.76
7 Keiji TANAKA  JPN  80.60
8 Alexei KRASNOZHON  USA  74.05
9 Alexei BYCHENKO  ISR  73.44
10 Phillip HARRIS  GBR  58.99
11 Valtter VIRTANEN  FIN  48.16
www.isuresults.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe