>  > 


【プロ野球】日本ハム新野球場建設、北広島市のアクセス道路計画が天然記念物「原始林」の生態系破壊に繋がると自然保護団体が抗議


2018/06/10 14:09

 プロ野球・日本ハムの新球場開業に向けて北広島市が計画しているアクセス道路について、
自然保護団体が国の特別天然記念物の「野幌原始林」に影響をおよぼすおそれがあると指摘しています。

 「野幌原始林」は北広島市内の3か所に分かれて広がる40ヘクタール余りの森林です。
クマゲラやフクロウなど貴重な野生生物が生息し、都市部に近い平地に残る貴重な原始林として国の特別天然記念物に指定されています。

 北広島市は新球場への交通アクセスを改善するため2本のアクセス道路を新たに整備する計画ですが、
このうちの1本、新球場と市道を結ぶおよそ2キロの道路が「野幌原始林」のすぐそばを通る計画になっています。
この計画について、自然保護団体は先月、自然環境に配慮した計画を作るよう北広島市に求めました。

 自然保護団体の副代表を務める松山潤さん(68)によりますと、「野幌原始林」は周辺の森に囲まれた場所にあり、
簡単に立ち入ることができないため、この森が手つかずの自然を守る重要な役割を果たしていると言います。
しかし、計画された場所に道路ができれば森が伐採されて原始林がむき出しになるおそれがあり、
排ガスなどで木々の成長に影響を及ぼすだけでなく、外来生物が侵入しやすくなって生態系が破壊されてしまうと危惧しています。

松山さんは「新球場の構想そのものに反対しているわけではない。ただ、自然に対する影響をなるべく最低限にするような方法で考えてほしい」と話しています。

【北広島市“慎重に”】
新球場の建設をめぐっては交通アクセスの改善が大きな課題となっています。
北広島市によりますと、新球場を訪れる観客のおよそ3分の2は車やバスなどを利用すると見込んでいて、渋滞緩和のためにアクセス道路の整備が欠かせないとしています。
しかし、自然環境への懸念を受けて、市は今後、周辺の環境調査を行う予定で、具体的なルートは調査結果を待って慎重に判断したいとしています。

・以下ソースへ: NHK北海道(動画あり) 06月08日
www3.nhk.or.jp
・写真 きたひろしま総合運動公園周辺
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/03/26/20180326k0000e050289000p/6.jpg
https://static.hokkaido-np.co.jp/image/article/650x366/197/8ba8f17ffc30993b380c8799d4818a86.jpg
・関連
【野球】日ハムBPアクセス道路、原始林へ影響懸念 環境保護団体が北広島市へ指摘
hayabusa9.5ch.net

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe