>  > 


【将棋】藤井聡太七段 王位戦初戦で山崎隆之八段に敗退 通算2度目の連敗


2018/09/14 20:01

9/14(金) 19:58配信 スポニチアネックス

将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が14日、大阪市内の関西将棋会館で指された王位戦の初戦となる予選2回戦で山崎隆之八段(37)に138手で敗れた。8大タイトル戦での初戦敗退は初めて。

 3日に行われた前局の敗戦で、今年度中にタイトルを獲得する可能性が消滅。来年度に目標を切り替え、再スタートを期した一局で今期初、通算2度目の連敗(テレビ棋戦は対局日で計算)を喫した。有利とされる先手番では16連勝中だったが、これも途切れた。

 序盤から激しく駒がぶつかり合う激しい将棋で先に1分将棋に追い詰められ、そのまま押し切られた。山崎の所属する森信雄七段(66)一門は、A級棋士の糸谷哲郎八段(29)ら、森を含め総勢11人の現役棋士を擁する関西の一大勢力。これまで藤井を苦手とし、対戦成績はこれまで0勝11敗だったが、山崎の初白星で留飲を下げた。

 藤井の今期の成績は18勝5敗、通算成績は89勝17敗。
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe