>  > 


【平昌五輪】大会6日目でメダルの状況は 7個の日本は5番目


2018/02/14 23:13

ピョンチャン五輪 大会6日目でメダルの状況は
www3.nhk.or.jp
2月14日 22時57分

ピョンチャンオリンピック大会6日目を終えてのメダルの獲得状況です。
日本は合わせて4個のメダルを獲得しました。

スノーボード、男子ハーフパイプで平野歩夢選手が銀メダルを、スキーノルディック複合、個人ノーマルヒルで渡部暁斗選手が銀メダルを獲得しました。

スピードスケート、女子1000メートルでは小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを獲得しました。日本の女子が同一種目で複数のメダルを獲得したのは、夏と冬のオリンピックを通じて初めてです。

大会6日目を終えて金メダルが最も多いのは、ドイツの7個で、オランダが5個で続いています。一方、金、銀、銅のメダルの総数でもドイツが12個で最も多く、7個の日本は5番目となっています。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe